地アタマを鍛える知的勉強法 (講談社現代新書)

3.28
  • (17)
  • (47)
  • (74)
  • (22)
  • (6)
本棚登録 : 629
レビュー : 87
著者 :
katotakeさん 本・雑誌   読み終わった 

基本は真似る力(技を盗む)、段取り力(手順を理解し、組み立てる力)、コメント力(質問力を含む)。

問題意識のない学びは止める。

型から入る勉強法。

古典は共通性が高く、応用の範囲が広い。

著者からのアドバイス
*中心テキストはスタンダードなものを選ぶ。
*テキストや参考書とクロスさせることを繰り返し、理解する。
*対話スタイルの本で概要をつかむ。
*間違いの理由、原因を書く。
*間違えをおかした点を人に説明する。
*試験をやりっ放しにせず、繰り返し行う。
*考え過ぎない。五分考えて分からなかったら、答えを見る。
*まず簡単な問題から始める。
*まず1冊問題集をやりきる。
*テキストの最初に時間を掛け過ぎない。
*解説が分厚い問題集を選ぶ。
*間違いの質を見抜く。
*環境を整える。机環境や緊張感を生む場所。
*30分を3回が1セット。
*ストップウォッチを使う。

勉強の効用、つまり、生きる力を身につけるスキル。とその手法が書かれており参考になる。
論語やニーチェの著作を読んでみる。

レビュー投稿日
2018年11月23日
読了日
2015年2月5日
本棚登録日
2018年11月23日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『地アタマを鍛える知的勉強法 (講談社現代...』のレビューをもっとみる

『地アタマを鍛える知的勉強法 (講談社現代新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『地アタマを鍛える知的勉強法 (講談社現代新書)』にkatotakeさんがつけたタグ

ツイートする