「見せかけの勤勉」の正体

3.62
  • (16)
  • (45)
  • (29)
  • (10)
  • (2)
本棚登録 : 374
レビュー : 47
著者 :
katotakeさん 本・雑誌   読み終わった 

伝家の宝刀は抜かない。例えば部下に対して叱ってもよいが、人事権を安易に使わない。
そして、それを公言する。

やる気を引き出す為にはこちらが、あまり入れ込まないことが大切。

やる気主義を捨てることで、やらされ感が払拭され、自発的なモチベーションが発揮される。
やらされ感の対局にあるのが、所有感。
仕事では裁量権に近い感覚。

リーダーは必ずしも強い必要はない。カーリングのスイーパーのイメージ。

レビュー投稿日
2018年11月23日
読了日
2015年10月17日
本棚登録日
2018年11月23日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『「見せかけの勤勉」の正体』のレビューをもっとみる

『「見せかけの勤勉」の正体』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『「見せかけの勤勉」の正体』にkatotakeさんがつけたタグ

ツイートする