福山式仕事術 サイバーエージェント出身 若きプロ経営者が教える成功の秘訣63

著者 :
  • 晶文社 (2019年4月9日発売)
3.67
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 22
感想 : 2
4

行動目標を立てる。
相手ありきの結果目標と自分だけで完結する行動目標。
PDCAのDからまず始めてみる。つまり、プランを立てるためにまずやってみる。
目標を可視化する。
大きな仕事や苦手な仕事、初めての仕事は3分でできることに分けて考える。
仕事時間の見積もりを作る。
会議や打ち合わせは事前にゴール、アジェンダ、制限時間を設ける。
効率化、自動化、習慣化、収拾化にフォーカスして改善する。
最も大事な仕事を1つ見極めて、時間の大半を投資する。
意思は長続きしない。
人は習慣により規定されている。習慣を身につけるため、まず土曜日1時間実行してみる。
日々の習慣に新しい習慣を取り入れる。
習慣化をするため、環境を固める。
手を動かして、思考を可視化する。
自分の年表を作る。つまり、将来を俯瞰する。
収支をエクセルに書き出す。
本を実務に生かすコツは、知った瞬間にやること。
やりたいことは見つけるのではなく、決める。
直属の上司と定例の時間を持ち、方向を合わせる。
サイバーエージェント出身者らしい雰囲気もある。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 本・雑誌
感想投稿日 : 2019年12月7日
読了日 : 2019年11月22日
本棚登録日 : 2019年11月21日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする