日本軍兵士―アジア・太平洋戦争の現実 (中公新書)

3.98
  • (38)
  • (59)
  • (30)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 630
レビュー : 62
著者 :
katoetuさん  未設定  読み終わった 

軍人、民間人合わせて日本人は310万人も亡くなっているんだ。
1番の被害者はアジアの人々。数が把握できていなくとも膨大な人数。
戦死といっても色々で、本当に戦死ではなく、自殺、餓死、病死など様々。衛生状態も、栄養も悪く、常に死と向き合う中精神がおかしくなる人も勿論多かった。

戦争はしたらダメ!という思いはあるけれど、軍人の事まで深く考えたことはなかった。PDSEとかベトナム戦争で言われ始めたけれど戦争という人を殺し自分も殺されるかもしれないという過酷な状況に加え、劣悪な環境の下(政府も歯科衛生や公衆衛生、精神衛生まで元より今と概念が違う為何も手立てなし)よく生き延びて帰ってきた人がいたなぁと思った。

レビュー投稿日
2019年6月19日
読了日
2019年7月6日
本棚登録日
2019年6月8日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『日本軍兵士―アジア・太平洋戦争の現実 (...』のレビューをもっとみる

『日本軍兵士―アジア・太平洋戦争の現実 (中公新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする