「三島由紀夫」とはなにものだったのか (新潮文庫)

3.50
  • (22)
  • (25)
  • (39)
  • (4)
  • (8)
本棚登録 : 306
レビュー : 31
著者 :
katsukunさん  未設定  読み終わった 

三島由紀夫が死んだ時、それまで明確に信じられていた自己達成の道は、消え行く光を放つ不思議な幻想となり変わった。
自分の想定した人生を認識することーこれこそが、三島由紀夫にとっての生きるだった。
三島由紀夫はどこかで、自分の作品、そして自分の人生が、観念だけで作られた細工物のようだと感じていたのである。

レビュー投稿日
2013年8月13日
読了日
2013年8月13日
本棚登録日
2013年7月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『「三島由紀夫」とはなにものだったのか (...』のレビューをもっとみる

『「三島由紀夫」とはなにものだったのか (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする