審問(上) (講談社文庫)

3.30
  • (22)
  • (45)
  • (178)
  • (7)
  • (3)
本棚登録 : 625
レビュー : 35
制作 : 相原 真理子 
kattebooksさん 小説   読み終わった 

驚きましたね。前作『警告』の直後というか、そのまま繋がって始まります。冒頭からの緊迫感半端ないですね。

それと、物語の雰囲気に少し変化を感じますね。ここまでは、冷静に話が進んでいっていた感じがしますが、今回は感情的に見られるところも散見します。

上巻では、「やっぱりそうなの?」と言う疑惑が持ち上がります。下巻でどの様に料理されるか見もの。

レビュー投稿日
2015年4月4日
読了日
2015年4月4日
本棚登録日
2015年4月1日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『審問(上) (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『審問(上) (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする