「夢」が「現実」に変わる言葉

3.69
  • (13)
  • (19)
  • (24)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 161
レビュー : 15
著者 :
川崎大輔さん 人生論   読み終わった 

福島正伸著「夢が現実に変わる言葉」三笠書房(2008)
*話す言葉を変えると自分の行動、未来、そして人生が変わります。
*はじめはたった一人でも強い意欲は伝播して、他人の意欲まで高めてしまう
*「いかなる才能も努力には勝てない。」努力は才能のあるなしにかかわらず、やろうと思えばできるもの。
*努力したくないとき人は出来ない理由を才能のせいにする、しかし、本当にやりたい夢があるとき人は出来ない理由を自分の努力がたりないだけと考える。
*「後悔しない人生とは挑戦し続けた人生である」思い切ってやってみればたとえ出来なかったとしても納得がいく。出来なかった後悔よりやらなかった後悔の方がつらい。そもそも挑戦し続けている人に後悔している時間はない
*「常に勝者にはなれなくとも常に勇者でいることはできる」勝ち負けにこだわるよりも生き方にこだわる。勝ち負けは結果。人の価値を決めるのは勝ち負けよりも生きる姿。困難があることがわかっていても、あえてそこに突き進んでいく人の姿にまわりの人たちは心奪われる
*「決意をすると自分らしく自然になる」決意をした人はどんなに努力しても疲れない
*「毎位置同じ道を歩いていても毎日違うことに気づくことができる」探している物があればみつかる。
*「他人を変える一番いい方法は自分をかえること」

レビュー投稿日
2011年6月24日
読了日
2011年6月24日
本棚登録日
2011年6月24日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『「夢」が「現実」に変わる言葉』のレビューをもっとみる

『「夢」が「現実」に変わる言葉』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする