100円のコーラを1000円で売る方法2

3.86
  • (92)
  • (197)
  • (108)
  • (15)
  • (4)
本棚登録 : 1160
レビュー : 123
著者 :
Tonyさん ビジネス   読み終わった 

先日ご紹介した「100円のコーラを1000円で売る方法」の続編です。

前作がマーケティングにフォーカスした内容だったのに対し、今回は事業戦略、特に競争戦略がテーマとなっています。

どんな企業にも一定の成功体験が存在し、説得力を持ってしまうシーンもあるとは思いますが、やはりそれは高度経済成長期において「より良いものを(より安く)作る」というようにやるべきことが明確だった時代だからこそうまくいったのだと思います。

変化の激しい時代、モノが広く行き渡り顧客のニーズが見えにくくなっている時代において、過去の成功体験はもはや当てにはなりません。

本作では、そんな成功体験を持った社内勢力(もはや抵抗勢力と言ってもいいかもしれません)との緊迫感のあるやりとりを経て、多様性を持ったメンバーにより思い切った事業戦略の大転換が成し遂げられます。このあたりのダイナミズムを疑似体験できるところが非常にいいです。

あと個人的には、日本企業が陥りがちなこととして、PDCAのP、あるいは社内調整に時間をかけ過ぎてしまうことにより、時代の変化から取り残されてしまうリスクには特に共感を覚えました。

「変化の激しい時代に求められるのは、完璧なコンセンサスではなく、意思決定のスピードと柔軟性」だと、著者は登場人物の一人に語らせます。

業種や提供する商品によっては、簡単・迅速にフィードバックを次世代に反映できないこともあると思います。とはいえ、仮説思考、論点思考で走りながら修正していくくらいの気概と覚悟がなければ、社内調整に奔走する間に競合に先を越されてしまう、そういう時代に我々が生きていることは間違いないようです。

言うは易く、行うは難しです。さて、どこから手をつけましょうか。

レビュー投稿日
2015年2月16日
読了日
2015年2月16日
本棚登録日
2015年1月3日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『100円のコーラを1000円で売る方法2』のレビューをもっとみる

いいね!してくれた人

永井孝尚の作品一覧

永井孝尚の作品ランキング・新刊情報

ツイートする