SNSの超プロが教える ソーシャルメディア文章術

3.43
  • (11)
  • (32)
  • (27)
  • (10)
  • (4)
本棚登録 : 321
レビュー : 31
著者 :
kawasyuさん 自己啓発・実用   読み終わった 

今や、誰もがソーシャルメディアに文章を書く時代になった。でも、多くの人がノールールで文章を書いているのが現状。特に高校生。

彼らの場合はTwitterが主だけど、これによるトラブルが本当に多くて参る。

SNSとの距離の取り方とか、文章の書き方とか、そういったことはちゃんと系統立てて教えた方がいいよなあ、といつも思っている。

そんなこともあって、ソーシャルメディアの文章術に特化したこの本を読んでみた。

新しい発見もあって、予想以上にためになる本だった。

ソーシャルメディアに文章を書く人は読んでおいて損はないかと。特にご商売でFacebookを使って発信している人はぜひ読むといいと思う。

「数万人の人に読まれて困るような文章を、ソーシャルメディアに書いてはいけない。」まず一番大事なのはこれ。当たり前のことだけど、特に高校生はわかっていない。

「“毎日残業で疲れている友人のAさん”などというふうに、具体的な読み手を想定して書く。」その方が結果的に多くの人に伝わる文章が書ける、とのこと。これはソーシャルメディアだけではなく、他の文章全般について言えることで、自分も意識しようと思った。

そして、発見としては「ソーシャルメディアは自分の長所や得意分野を表現できる『自己ブランディングツール』である」ということ。なるほど、そういう視点はなかった。ただの身辺雑記ツールかととらえていた。

よく、「会社の人事担当者が就活生のFacebookを見ている」なんていう話を聞くけど、使い方によってはソーシャルメディアは大きな武器になるのかもしれない。

「企業だけではなく、個人もブランディングが不可欠な時代が必ずやってくる」と筆者は言っているが、さてどうだろう。

いずれにしろ、ソーシャルメディアに書くときのやり方を知っておくに越したことはない。

どうせ書くなら、自分にプラスになった方がいいに決まっているもんな。

レビュー投稿日
2019年2月26日
読了日
2019年2月19日
本棚登録日
2019年2月18日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『SNSの超プロが教える ソーシャルメディ...』のレビューをもっとみる

『SNSの超プロが教える ソーシャルメディア文章術』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする