今夜、すベてのバーで (講談社文庫)

3.73
  • (445)
  • (502)
  • (791)
  • (56)
  • (11)
本棚登録 : 3858
レビュー : 478
著者 :
大陸さん  未設定  読み終わった 

中島らもが読みたくなって久しぶりに手に取った。最初にこの作品を読んだのは高校生の時かなぁ。すごく魅力的な文章があり、忘れられない作品。なんだけど、ラストは私の好みではなくて星3つ。ドラマティック過ぎて、あぁ、シラケる。正直な感想。でもこういうのが、らもさんなんだなとも思う。そしてこうして読み返してみると、やっぱり乾燥した美しい文章があり、一番イヤな湿度を孕んだ会話がありほっとした。でも、今回読んで新たに気がついたけど、主人公の頭の良さはらもさんの頭の良さそのままなんだけど、物知りな感じが鼻について好きになれなくなってた。こういう人を現実で知ってしまって好きじゃなくなって、今に至る。次に読む時は何に気がつくかなぁ。

レビュー投稿日
2018年3月1日
読了日
2018年2月26日
本棚登録日
2018年2月22日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『今夜、すベてのバーで (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『今夜、すベてのバーで (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする