ヨコハマメリー:かつて白化粧の老娼婦がいた

3.61
  • (3)
  • (8)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 71
レビュー : 10
著者 :
kaze229さん ルポルタージュ   読み終わった 

その時代であったからこそ
生れ出た人がいる
その時代のその町であったからこそ
人々の記憶に鮮明に残った人がいる
その時代のその町のその人たちがいたからこそ
その時代の雰囲気を伝えることができる

一人の伝説上の娼婦の足取りを追うことによって
戦後の混乱期の場末の記憶が
浮かび上がってくる

丁寧な取材と粘り強い思いに裏打ちされた
戦後史の大きな事実の一つがここにある

レビュー投稿日
2017年9月27日
読了日
2017年9月27日
本棚登録日
2017年9月27日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ヨコハマメリー:かつて白化粧の老娼婦がい...』のレビューをもっとみる

『ヨコハマメリー:かつて白化粧の老娼婦がいた』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする