メイクってやったことないし、カミさんもノーメイクなので、こんなに色々やっているとは驚いた。

2021年1月13日

読書状況 読み終わった [2021年1月13日]
カテゴリ 読み捨て

数学ガールは全部持っているはずだが、秘密ノートがずいぶん出ているんだよな。もう数学ガールは書かないのかな?

2021年1月11日

読書状況 読み終わった [2021年1月11日]
カテゴリ 数学+教育

写真が小さくて理解できない。大きな図解が欲しい。
また完成品にワクワク感がない。
昔昔に母が持っていた手芸の本の如し。

2020年10月30日

読書状況 読み終わった [2020年10月30日]
カテゴリ

いくつか面白いネタもあったけど、全体的にちょっと薄味かも。さらっと読み終えるこれくらいが時代に合っているのかもしれないが。

2020年10月12日

読書状況 読み終わった [2020年10月12日]
カテゴリ 数学+教育

まあ、緊急提言とあるからそういう内容でそういう本だろうなと期待した通りの内容と本だった。
だから期待外れではないのだが。

2021年1月11日

読書状況 読み終わった [2021年1月11日]

同人誌は高いので、この本が出てくれたのは本当に嬉しい。
黒タイツに目覚ました。

2020年10月13日

読書状況 読み終わった [2020年10月13日]

2巻を先に読んだが、やはり1巻の方が充実していて楽しめた。知らない話もいくつかあった。

2020年10月16日

読書状況 読み終わった [2020年10月16日]

いや、面白かった。
とにかく買って読もう!

2020年10月13日

読書状況 読み終わった [2020年10月13日]

毎日ブログを書く。記事が100,300,1000になった時が変化の時。

2020年4月23日

読書状況 読み終わった [2020年4月23日]

講義は一番前の席で受けると良いというのは俺には無理。

2020年4月23日

読書状況 読み終わった [2020年4月23日]

読み進んでもなかなか肝心のIUT理論の話に進まない。それは最後の最後にIUT理論の説明をするために準備を進めているのだが、本当に最後の最後にバタバタッと説明が始まり、終わる。
なんかアクロバティックはことをしているという雰囲気はわかった。
群の説明でZ4→D4→S4としているのは、定番ながらわかりやすいと思った。

2020年4月21日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2020年4月21日]
カテゴリ 数学+教育

ま、メルカリだな。

2020年10月13日

読書状況 読み終わった [2020年10月13日]

感想を書いた記憶があるのに変だな?
前著より繰り返しが多い嫌いがあるが、キレのある文章とユーモア、そして情報量で飽きさせない。
流石ハラリです。

2020年4月2日

読書状況 読み終わった [2020年4月2日]

警察官をクビになった話の流れで購入。
わたる世間は鬼ばかり。

2020年4月2日

読書状況 読み終わった [2020年4月2日]

パワハラやん。

2020年4月2日

読書状況 読み終わった [2020年4月2日]

タルムードの入門書として読む。
あらためて感じるのはユダヤ人の特異性。こんな謎解き毎日勉強しているなんて!

2020年3月8日

読書状況 読み終わった [2020年3月8日]

白鳥先生が長いことかけて書いてくれた1冊をほんの半日で読み終えてしまう。
本当に申し訳ないと思っています。
小学生の談合が物凄く大人で末恐ろしい!

2020年2月16日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2020年2月16日]

貞観の治という言葉は知っていたが、 李世民とは素晴らしい人物だ。それでも失敗をするのだから...。
ヒトは失敗をする葦だということだ。

2020年2月2日

読書状況 読み終わった [2020年2月2日]

とにかく新作が出てくれたことが嬉しい。

2019年11月29日

読書状況 読み終わった [2019年11月29日]

もう何年もハンターを翻訳し続けているのに、いまだにこの人の文章はあちこち引っかかる。
あと巻末の解説がよくない。無い方がましだ。

2019年11月29日

読書状況 読み終わった [2019年11月29日]

うーむ。
百舌は出てこないし、倉木は死んじゃうし。
美希は尻軽だし。
なにを信じたら良いのか。

2019年12月14日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年12月14日]

前作の繰り返し趣向のような仕掛け。
それにしてもこの主人公、前回はボクサー崩れに半死にされ、今回も....。
まぁ、3巻も読むけど。

2019年10月19日

読書状況 読み終わった [2019年10月19日]

登場人物が揃いも揃って衝撃的な過去を持っているのがなんとも...途中でなんだこれ?と思ったが、あとがきで作者が心配していた。その仕掛けが必要だった理由はよくわからなかったがトータルで面白かった。ちゃんと大団円に向かう造りは好きだ。

2019年10月14日

読書状況 読み終わった [2019年10月14日]

秋本先生まじ凄いね。尊敬します。

2019年9月5日

読書状況 読み終わった [2019年9月5日]
ツイートする