言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)

3.43
  • (155)
  • (352)
  • (419)
  • (118)
  • (37)
本棚登録 : 3712
レビュー : 474
著者 :
kazisshoさん 科学   読み終わった 

タイトルは読み手を煽り商業的すぎるとは思うが、内容は遺伝学に関わる知見の紹介といったところだろうか。様々な観点でいろいろな人の意見も紹介されていて面白い。たとえば、将来出産が免許制になるかもしれないという意見を紹介している。これは不適切な親から生まれた人間が犯罪を犯す確率が高いといいうことから出てきた案であるが、この案に抵抗感がなくなるような社会で生きたいとは思わないもののこの例のようにいろいろな考えに対して興味深く読んだ。

レビュー投稿日
2016年8月30日
読了日
2016年9月25日
本棚登録日
2016年8月30日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮...』のレビューをもっとみる

『言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)』にkazisshoさんがつけたタグ

ツイートする