読むだけですっきりわかる日本史 (宝島社文庫)

著者 :
  • 宝島社 (2008年6月3日発売)
3.66
  • (191)
  • (368)
  • (381)
  • (49)
  • (20)
本棚登録 : 4608
感想 : 344
5

知っているようで知らない、習ったはずなのに忘れている日本の歴史をさらっと読める本。

そもそも、鎌倉や京都がなんで歴史的な価値を持ってるの?と言われてすぐに答えられないし、最近の世界情勢や日本の課題など、勉強した方がいいかなぁ、と思って読んでみました。

最初はそんな義務感で読み始めましたが、読み進めるほどに興味が沸いてくるのは著者が塾の先生だからでしょうか?

ここから、興味を持った時代や人物について読み進めるのも面白いかもしれません。

知った名前が多い戦国時代や幕末はワクワクしますね。
そして、各時代にあった文化の解説も、戦争が近づいてくると無くなるのが悲しい。

歴史に学んで、どう生きていくかの指針を作っていきたいですね。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2019年7月3日
読了日 : 2019年7月3日
本棚登録日 : 2019年7月3日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする