青木理の抵抗の視線

著者 :
  • トランスビュー (2014年11月7日発売)
3.67
  • (2)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 50
感想 : 8
3

安倍政権への批判はよくわかったし、賛同できる部分もあるのだが。恨みベースの発言ではどうも。批判的な視点が必要なのはわかるのだけど。そして青木理の本を読むような人は、初めから青木理の言いたいことには理解があるわけで、そうではない人たちへ向けてどう情報を発信していくか、興味のなかった人への誤配がなされるような仕組みをどうしたらいいのか、が大事になるとおもうのだけども。徳洲会が内ゲバだったことや、いそざきという自民党候補の酷さは初めて知った。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 評論
感想投稿日 : 2015年2月14日
読了日 : 2015年2月14日
本棚登録日 : 2015年2月14日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする