三人の双生児

著者 :
  • 2012年10月1日発売
3.79
  • (4)
  • (7)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 48
感想 : 9
4

海野 十三(うんの じゅうざ又はうんの じゅうぞう、1897年(明治30年)12月26日 - 1949年(昭和24年)5月17日)は、日本の小説家、SF作家、推理作家、漫画家、科学解説家。日本SFの始祖の一人と呼ばれる。本名は佐野 昌一(さの しょういち)。 Wikipedia より

主人公が生まれた時、父親が日記帳に記した「呪われてあれ、今日授かりたる三人の双生児」との文章。
三人の双生児とはどういう意味なのか、主人公がこの疑問を解決するため、別れ別れになってしまった兄弟を探すために、新聞に広告を出した事から起きる事件。
最後は謎解きを含め一気に展開する内容に引き込まれた。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 小説
感想投稿日 : 2012年12月8日
読了日 : 2012年12月8日
本棚登録日 : 2012年12月8日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする