人間の煩悩 (幻冬舎新書)

3.23
  • (6)
  • (5)
  • (27)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 215
レビュー : 25
著者 :
kazuosogouさん 文学   読み終わった 

佐藤愛子節満タン。彼女の人生は「損をするまい」として生きたいだ。さらにこうも書いてある。「損得で生きる人生は不幸」。ああああ!僕は何て不幸な人生を送ってきたことか!こんな項目もある「愛される老人になんかなりたくない」
彼女はこう言い放つ「私はそんなことを考えてまで愛されよとは思いませんよ!私は孤独に徹します。わかる奴はわかる。わからぬ奴はわからなくていい!私はそう思っています」
僕もキップいい言葉を言ってみたい。

レビュー投稿日
2018年9月17日
読了日
2018年9月17日
本棚登録日
2018年9月17日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『人間の煩悩 (幻冬舎新書)』のレビューをもっとみる

『人間の煩悩 (幻冬舎新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『人間の煩悩 (幻冬舎新書)』にkazuosogouさんがつけたタグ

ツイートする