理論と現実の違いから、回答例には多種多様のものがある。
本人はもちろん正解だと思い、選択回答しているが、それを客観的につかむためのツールとしてインバスケットは有効かと思う。
しかし、この本では問題集では無いので、事例の紹介はほとんどない。

2016年3月9日

読書状況 読み終わった [2016年3月9日]
カテゴリ ビジネス

指名される技術とは、ホステスなどのお客からの指名の事
いかにしてお客の心をつかむのか?
それはいかにしてお客の情報、しぐさなどから推察して、お客を主人公に祭り上げ、リピート客としてお金を落としてもらう技術に他ならない
男性はあまり参考にならないかもしれないな。

2016年3月1日

読書状況 読み終わった [2016年3月1日]
カテゴリ ビジネス

リーダー次第で会社の方向が決まる。
その責任の重圧は相当のものである。
ゆえに、失敗しないためにも【いいわけ】をして、責任を逃れようとするリーダーが増えている
私の理想のリーダー像はどういったものか?
自問しそれに近づけられるように、今何をすべきか考えなければならない。

2016年2月27日

読書状況 読み終わった [2016年2月27日]
カテゴリ ビジネス

タイトルに多少騙された感が…
既に実践しているものが多かったためかもしれません
仕事はうまくいっていませんが。。。

2016年2月27日

読書状況 読み終わった [2016年2月27日]
カテゴリ ビジネス

入社二年目となると、もう10年以上前になってしまう。
この本では、4人の当事者が出てきて、それぞれの解決案を出していくストーリーで進んでいく
その中で、既に入社二年目で保身言葉や逃げ言葉を使う回答例が出てきていた。
それを読んでいて、はっとした。
私は最近同じような言葉を多く使っているように感じたからだ
15年近くなるとなぁなぁになってきていたのかもしれません
ここで、もう一度新鮮な気持ちにならないと、社会人として終ってしますかもしれません
新たな気持ちにさせられた一冊でした

2016年2月21日

読書状況 読み終わった [2016年2月21日]
カテゴリ ビジネス

仕事上のトラブルは複雑に絡み合った原因、そしてタイムリミットが常に付きまとう
この本のインバスケット問題は初歩の問題であり、条件が初心者向きだったかもしれない
本当の仕事はトラブルが多すぎるような気がするな…

2016年2月11日

読書状況 読み終わった [2016年2月11日]
カテゴリ ビジネス

この本で主張されていることは、日本はこのままでは危ないという警鐘
少子高齢化による経済の停滞など、解決策?については、老年→若年への投資が必要
しかしながら、現行の選挙・政治に参画する若者がいないことが、まわりまわって自分に不利益になっている現状など、詳細に解説していてわかりやすかった。

2016年2月11日

読書状況 読み終わった [2016年2月11日]
カテゴリ ビジネス

又吉氏の読書量はすごいものがあった。
数えきれない本の中から良書に出会えるのはごく一部。
この本で紹介されている本を読んでみたくなった

2016年2月3日

読書状況 読み終わった [2016年2月3日]
カテゴリ その他

ビジネスが継続していくことがどんなに大変か?そして人材がどれほど重要で、結束が大事か。
社風と言ってしまえばそれまでだが、会社という組織が継続して運営していくには、どれだけの人がどれだけ苦労しているのか。
ネット業界の経営とは何ぞやということを包み隠さずこの本では裏の部分を公開している。

2016年1月23日

読書状況 読み終わった [2016年1月23日]
カテゴリ ビジネス

会社を経営するとはどういうことか?経営は三者三様だ。
しかしながら、どんな経営者だろうが最終的な、最大の目標は生き残ること。
理念や理想も無くなってしまったら、どうにもならない。
この本では指定した時間で、20の経営者として降りかかりそうな問題を解いていく形式となっている。
もちろん正解が無いが、問題の捉え方、人によって考え方が違うという勉強になったと思う。

2016年1月23日

読書状況 読み終わった [2016年1月23日]
カテゴリ ビジネス

従来までのモノの見方にとらわれていては危険
自分の認識の外に答えがある場合、どんなに悩んでいても答えはわからない。
者の見方が変えられないと、今から始まるサバイバルな社会で生きぬくことが出来ない

2016年1月21日

読書状況 読み終わった [2016年1月21日]
カテゴリ ビジネス

会議は社内で毎日のように行われている。
認識の確認や目標の設定など、業務の中で必ず組み込まれている
その会議を有意義なものとするためのヒントが書かれた本書
内容的には、軽く読める分量で、一度は経験したことがあるような会議のシミュレーション。
一度、自分の場合にあてはめて読むと効果があると思う。

2016年1月17日

読書状況 読み終わった [2016年1月17日]
カテゴリ ビジネス

この本では、【あなたが力を入れなければならないのは、多くのものを背負うことではなく、自分自身が目指す目的へと進むこと】とあった。
まさにその通りで、人員が減ったり、業務レベルが上がると自ずと仕事量は増える
その際に、全てをやることは不可能になる。
であるならば、本来の目的はどこにあるのか?
その方向性が決まれば、それ以外のものは捨てていかなければならない。

2016年1月16日

読書状況 読み終わった [2016年1月16日]
カテゴリ ビジネス

インバスケット式について、少し勉強したく、この本を選択
ストーリー仕立てで、同期同士の架空の仕事のできる人と出来ない人を比較
出来る人は確かに社内には入て、スマートな業務を行っている
同様の書籍を読んで、まずはどういった行動をとるべきか勉強しよう

2016年1月10日

読書状況 読み終わった [2016年1月10日]
カテゴリ ビジネス

いろいろと話題になった方の本
過保護だとか、教育ママだということが書かれているかと思いきや、私としては、会社の秘書的な仕事を子どもたちにやっている感があった
準備や段取りを行い、子どものために無駄を省き勉強に専念させる
会社であれば、勉強ではなく、経営に専念してもらうために、秘書がスケジュールや段取り、雑務を行う
好き嫌いが出るかもしれませんが、私は真似はできません。まず、資金力が無いと同じような環境を整えることができませんから…。
学力と収入は比例するいい例かとは思う。

2016年1月9日

読書状況 読み終わった [2016年1月9日]
カテゴリ 生活

新書の○○トレーニングシリーズ
法律にフォーカスしたこの本は、ビジネスマンであれば遭遇しそうな問題が多く、十分勉強になった
特に国際的な問題は今後は拡大するであろうから、参考書籍で紹介されている本を読むことにしよう

2016年1月7日

読書状況 読み終わった [2016年1月7日]
カテゴリ ビジネス

自己投資の必要性を強く推している
私も遅ればせながら、やっと自己投資の内、費用対効果が最も高い読書に目覚めた
今後の日本の状況は、どれだけ会社に頼らずに自分で生きていけるか。
この本では、次の9つの力が必要
<()は私が思う事項>
・ゴールを作る力(具体的・詳細な目標設定)
・リーダーの力(チームを引っ張っていく)
・伝える力(言わんとしていることを伝える)
・読書の力(自己投資の王道)
・失敗の力(失敗を経験し、改善)
・貢献の力(社会に役立つ)
・肉食の力(貪欲に仕事に打ち込む)
・語学力(英語必須)
・ネット力(ITを駆使)

2016年1月4日

読書状況 読み終わった [2016年1月4日]
カテゴリ ビジネス

この本ではいろいろなパターンにおけるDMUと重みと差について書かれている。
DMU(Dicision Making Unit)
営業活動では何に重みを重視するのかが難しい。お客さのニーズなのか、その客だけのわがままなのか?
これを読み間違えると、事業の失敗に繋がっていく

2016年1月3日

読書状況 読み終わった [2016年1月3日]
カテゴリ ビジネス

2015年の日経紙面に掲載された情報をもとに構成された本書
記事にあるその細部、底部にはどのような情報が隠されているのか考えさせられる面白い本だった

2016年1月2日

読書状況 読み終わった [2016年1月2日]
カテゴリ ビジネス

うむむ、どこかで読んだような内容が多かった気がする
例えば、目の前のことに全力を尽くす など。
同様の事を本で目にするということは、それだけ同じような考えを持つ人が多く、共通の悩みなんでしょうな?

2015年12月28日

読書状況 読み終わった [2015年12月28日]
カテゴリ ビジネス

仕事上必要になったので、経営主体にしたこのような本を読んでみた
最近の実情を網羅しており、人材不足の感が随時に書かれている。全くその通りで、この業界は人材不足で進展していないと思われる。
ただ、肥沃な日本の今まで通りの栽培とどのような差別化が必要か?魅力のない業界は廃れてしまう。
人材こそが、この業界の発展の肝となる。
第四章のマーケティングに関する内容はなかなかおもしろく、付加価値×販売量はどの業界にも当てはまる公式だ

2015年12月27日

読書状況 読み終わった [2015年12月27日]
カテゴリ ビジネス

本書後半にある年少期の言動が?の感じの又吉氏。
感性が小さいころから少し違ってい居たのだろう。
こういった感性の持ち主が、言葉を巧みに使い、面白い表現で物を書いていく。

2015年12月23日

読書状況 読み終わった [2015年12月23日]
カテゴリ その他

ささっと読める文庫。
世の中にある商品の一般的な原価構成を解説した本書。
平均的な原価であるため、この本で特定分野を知ろうとしない方がいい。
商品ごとのおおざっぱな原価感を理解するにはいい本だと思う。

2015年12月18日

読書状況 読み終わった [2015年12月18日]
カテゴリ ビジネス

名投資家の金言を集めた本
私としては損切り等出来ないものが多いですね…
15年近くやってますが、まだまだ勉強が足りない状況です

2015年12月14日

読書状況 読み終わった [2015年12月14日]
カテゴリ ビジネス
ツイートする