華竜の宮(下) (ハヤカワ文庫JA)

4.11
  • (58)
  • (68)
  • (29)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 460
レビュー : 55
著者 :
kazzu008さん 小説(エンターテイメント)   読み終わった 

ホントに面白いSF小説だった。これほど重厚で考えさせられるSFエンターテイメント大作を読ませてもらったのは久しぶり。

人類があと数十年で滅亡するかもしれないという状況で人々はどうやって生きるのか?

そんな究極の状態でも各国陣営は自分たちの利益をいかに守るか、そして自分たちがいかに生き延びるかということに汲々とする。
このお互いの腹の探り合いや政治的駆け引きの描写は行き詰まるものがある。

本書では日本はアメリカを中心とした国家連合ネジェスの中に含まれているが、いざという時にネジェスが本当に日本を救ってくれるかは分からないという状況。これは現在の日本の状況を皮肉的に描いているのだろう。

主人公である日本の青澄外交官のひたすら普通に人々を救うのだという生き方は共感できるし、他の官僚の「もう自分は十分に生きたから何もしないで死を迎える。その方が楽だ」という考え方もやむを得ないだろう。

ただ、青澄外交官に家族がいた場合はどうだろうか、ここまで自分を捨てて人に尽くすことができるだろうか。子供や孫に普通の生活をさせたい・・・普通の生活がダメなら、せめて生きながらえさせてやりたいと思うのが人間だろう。
ただ、それが人間の外観を失ってまでそうしたいかって考えると、う~ん、難しい。

地球環境が激変し、全人類が滅びた場合に備え、人間の元となる生物的な種を深海に仕込んでおいて、将来、地球環境が好転し、何百年後、何千年後、何万年後かに、その生物が進化していき、もう一度人間になるのを期待するとか・・・もう、壮大過ぎて・・・うっとりとしてしまう(笑)。

本書では地球環境激変開始までの40年くらいが端折ってあるが、そこは続編『深紅の碑文』『リリエンタールの末裔』で楽しもう。

それにしても「L計画」って凄まじい。人間をそんな風にしてしまうなんてね。
続編では青澄外交官やツキソメは出てくるのかな。人工知性体のマキのその後も気になる。オーシャンクロニクル・シリーズ、さらに楽しませてもらおう。

レビュー投稿日
2019年4月26日
読了日
2019年4月25日
本棚登録日
2019年4月22日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『華竜の宮(下) (ハヤカワ文庫JA)』のレビューをもっとみる

『華竜の宮(下) (ハヤカワ文庫JA)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする