麦本三歩の好きなもの 第一集 (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎 (2021年1月14日発売)
3.57
  • (306)
  • (371)
  • (397)
  • (145)
  • (54)
本棚登録 : 6522
感想 : 457
5

住野よる氏の作品はほとんど読んでいるけど、本書が未読だったので文庫本になったことから手に取ってみた。

いや~、これかなり好きですね。
大学図書館の職員、麦本三歩の普通の日常の風景を描いた連作短編集。

なんか、こころが温まるというか、いい感じになる。
相変わらず文章のセンスが素晴らしいし、この三歩のキャラクターが素晴らしすぎる。

三歩は超絶美少女というわけではないけど、みんなから愛される天然キャラ。
こういう子ってどこにでもいそうだけど、よく見たらいないんだよね(笑)。

こういう子を彼女にしたり、奥さんにできたら、その男は本当の意味で「幸せ」になれるんだろうな。

「第二集」を早く読みたいのだが、文庫本の表紙のイラストのほうが、単行本の実写的なやつよりいいよねw

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 小説(エンターテイメント)
感想投稿日 : 2021年2月20日
読了日 : 2021年2月15日
本棚登録日 : 2021年2月20日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする