文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)

4.07
  • (420)
  • (547)
  • (234)
  • (36)
  • (8)
本棚登録 : 6276
レビュー : 440
制作 : 倉骨彰 
kazzu008さん 学術書   読み終わった 

人類の歴史が非常に分かりやすく解説され、質の高い世界史の講義を受けているような感じ。

上巻では、各地域で発展した人類の発展の差がどのように生まれたかが解説されていた。

人類が文明を進化させる為には、まず食料の確保が重要であり、食料が十分に確保されれば、人口が増え、余剰食糧を確保することにより、官僚(王や特権階級)や常備軍などを養うことができる。そのためにはやはり、狩猟民族よりも農耕民族が有利となってくる。
さらに、家畜や疫病との関係により人類はより進化していく。

人類全体の進化を説明した『サピエンス全史』よりも、本書は人類の地域ごとの発展や文明の進化の違いに特化されており、その点はより理解がしやすかった。

レビュー投稿日
2018年12月14日
読了日
2018年12月13日
本棚登録日
2018年12月10日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万300...』のレビューをもっとみる

『文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする