文明論之概略 (岩波文庫)

3.71
  • (40)
  • (21)
  • (73)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 561
レビュー : 34
著者 :
袋 トメ男さん 基礎・古典   読み終わった 

福沢の言葉は100年後も死んでいない。
利害得失を論ずるは易しといえども、軽重是非を明にするは甚だ難し。一身の利害を以て天下のことを是非すべからず、一年の便不便を論じて百歳の謀を誤るべからず。多く古今の論説を聞き、博く世界の事情を知り、虚心平気、以て至善の止まるところを明にし、千百の妨碍を犯して、世論に束縛せらるることなく、高尚の地位を占めて前代を顧み、活眼を開きて後世を先見せざるべからず。p24-25

レビュー投稿日
2020年1月22日
読了日
2020年1月22日
本棚登録日
2020年1月22日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『文明論之概略 (岩波文庫)』のレビューをもっとみる

『文明論之概略 (岩波文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする