プリンシピア 自然哲学の数学的原理 第1編 物体の運動 (ブルーバックス)

4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 118
レビュー : 8
講談社ブルーバックスさん 2019年6月   未設定

アイザック・ニュートンの代表作『プリンシピア 自然哲学の数学的原理』の全訳を復刊。

出版当時から難解と言われた原典を、現代の科学者が「内容そのものの解明理解を目的」として翻訳。巻末注には、微積分の定理を使った別証明、原典では省略された証明の内容、現在の視点から見た物理的概念の解説がまとめられている。

“中世紀を通じて多くの思想家たちは、地上の現象と天空の現象との間に、何らかの神秘的な原因を付加することによって、はっきりとした区別を設けていた。ニュートンはこの思想を最も力強く打破したのである。彼は言う。「自然の物事の原因としては、それらの諸現象を真にかつ十分に説明するもの以外のものを認めるべきではない(中略)」と。こうして人間は、天にあるものは完全なもの、地にあるものは不完全なものとの永い間の信仰から解放され、すべての自然現象は合理的な因果律の同じ支配のもとにあることをしらされるのである。” (「訳者解説」より)

レビュー投稿日
2019年6月19日
本棚登録日
2019年6月19日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『プリンシピア 自然哲学の数学的原理 第1...』のレビューをもっとみる

『プリンシピア 自然哲学の数学的原理 第1編 物体の運動 (ブルーバックス)』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。

『プリンシピア 自然哲学の数学的原理 第1編 物体の運動 (ブルーバックス)』に講談社ブルーバックスさんがつけたタグ

ツイートする