モモちゃんとアカネちゃんの本(1)ちいさいモモちゃん (児童文学創作シリーズ)

4.05
  • (168)
  • (70)
  • (136)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 807
レビュー : 124
著者 :
制作 : 菊池 貞雄 
あいたそさん 絵本、児童文学   読み終わった 

小さい頃に持っていた本を図書館で見つけた。
懐かしいなぁ。
小学校低学年向けということで、ほんわかとした言い回し。
子どもの頃に流れていたあったかい時間を感じた。
1つのおはなしでも、大人からの感じ方と子どもからの感じ方できっと違うと思う。
自分は人よりも子どもに近い感性を持っていたつもりだけど、子どもが生まれて自分が親になる中で、感性も変化してきているというところで、このタイミング読めてよかった。
子育ては大変だけど、物語になりうる素敵なことだと気付かせてもらえました。

余談だけど、「もうせん」という言葉、口語かな?初めて知りました。

レビュー投稿日
2016年9月29日
読了日
2016年9月29日
本棚登録日
2016年9月29日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『モモちゃんとアカネちゃんの本(1)ちいさ...』のレビューをもっとみる

『モモちゃんとアカネちゃんの本(1)ちいさいモモちゃん (児童文学創作シリーズ)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする