外資系金融の終わり―年収5000万円トレーダーの悩ましき日々

3.70
  • (71)
  • (186)
  • (132)
  • (27)
  • (4)
本棚登録 : 1329
レビュー : 166
著者 :
kei0127さん 金持ちになる   読み終わった 

あまり中身はなかったが、銀行業と比較して規制が少なく、リスクをガンガン取って高いリターンを得ることを目指す証券•投資銀行業が、公的資金の注入により、急速に力を失っていることは分かった。
また、投資銀行は試用期間中の新卒も平気でリストラする。それはヘッドクォーターから人員削減目標値を与えられ、実現を強制されるからだ。日本の労働市場では完全にアウトな行為なので、きちんとした法的知識をもとに、パッケージの交渉に挑むべし。

レビュー投稿日
2014年12月31日
読了日
2014年12月31日
本棚登録日
2014年12月31日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『外資系金融の終わり―年収5000万円トレ...』のレビューをもっとみる

『外資系金融の終わり―年収5000万円トレーダーの悩ましき日々』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする