夜間飛行 (新潮文庫)

3.61
  • (224)
  • (271)
  • (501)
  • (48)
  • (15)
本棚登録 : 3493
レビュー : 283
制作 : 堀口 大學 
kei1122さん  未設定  読み終わった 

『夜間飛行』…郵便飛行機が夜間に飛ぶ、その時代においてはとても危険な行為に挑んでいた人たちが描かれています。人の命よりも仕事に対する信念、崇高さを選択する主人公の物語。登場人物みんな凛としてしっかりと生きていました。…しかし堀口大學訳、難しかったです。光文社文庫も読もうかな。。

『南方郵便機』…堀口大學によるあとがきから「『南方郵便機』は、なぜさほどにまで読者の精読を要求するか?母岩が厚いからだ。(中略)しかし作者は、内在する金が、あくまで純粋であることを欲した。ために、母岩を貫いて金をり出す仕事を読者の一人々々に残した。この仕事が精読である。」…この仕事難しすぎ!

レビュー投稿日
2018年5月1日
読了日
2018年5月1日
本棚登録日
2018年5月1日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『夜間飛行 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『夜間飛行 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする