まぼろしのペンフレンド (講談社青い鳥文庫)

3.72
  • (5)
  • (9)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 70
レビュー : 10
kei_mさん 眉村卓   読み終わった 

再読。
ふと目にした眉村卓の名から、読みたくなって購入。
「ねらわれた学園」「なぞの転校生」とともに好きだった。

学校から帰ると明彦のもとに、手紙が届いていた。差出人は、本郷令子という見知らぬ女の子。
1966年、電話すら各家庭になかった時代の話。
「文通」「ペンフレンド」という響き、手紙を待つというの楽しかったのだと思う。
内容はある面、今でも通用しそう。
50年たっても宇宙は謎。

レビュー投稿日
2016年3月20日
読了日
2016年3月20日
本棚登録日
2016年3月20日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『まぼろしのペンフレンド (講談社青い鳥文...』のレビューをもっとみる

『まぼろしのペンフレンド (講談社青い鳥文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『まぼろしのペンフレンド (講談社青い鳥文庫)』にkei_mさんがつけたタグ

ツイートする