不肖・宮嶋 史上最低の作戦 (文春文庫PLUS)

著者 :
  • 文藝春秋 (2001年4月10日発売)
3.77
  • (8)
  • (16)
  • (14)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 114
感想 : 8
4

不肖・宮嶋について知りたて読書。

3冊目の不肖シリーズ。本書が最も面白く読ませてもらえた。興味があるテーマが多かったからだと思われる。

北朝鮮。硫黄島。オウム。

特に硫黄島の話はもっと日本人は関心をよせるべきだと思っている1つなので、不肖・宮嶋の魂を感じることができた。硫黄島の読み方をしっかりと伝えることも大切。「いおうとう」であり、「いおうじま」ではない。

今後、文章の書き方においても影響されそうだ。下品だけど、なぜかひきつける魅力がある。そんな文章を書けるようになりたい。

読書時間:約1時間45分

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 文庫
感想投稿日 : 2013年9月30日
読了日 : 2013年9月30日
本棚登録日 : 2013年9月30日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする