珈琲店タレーランの事件簿 4 ブレイクは五種類のフレーバーで (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

3.28
  • (38)
  • (147)
  • (280)
  • (54)
  • (10)
本棚登録 : 1702
レビュー : 182
著者 :
keikubo27さん 小説   読み終わった 

2018年19冊目。
今回は今まで出てきた登場人物が色々出てきたりして、スピンオフ的な短編集。サクッと読めるけどこれまでのを読んでない人は順番に読むことをお勧めします。
いちばん好きなのは「パリェッタの恋」。すっかり騙された。しかも気持ちよく。こういうのあんまりないので好きだなぁ・・。
ぶっちゃけ殺人事件がおきないミステリーはあまり好きではないのだけど、美星とアオヤマの今後も気になるので、間違いなく次作も読んでしまうだろう。

レビュー投稿日
2018年3月20日
読了日
2018年3月20日
本棚登録日
2018年1月4日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『珈琲店タレーランの事件簿 4 ブレイクは...』のレビューをもっとみる

『珈琲店タレーランの事件簿 4 ブレイクは五種類のフレーバーで (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『珈琲店タレーランの事件簿 4 ブレイクは五種類のフレーバーで (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)』にkeikubo27さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする