黄金拍車〈1〉異次元騎士カズマ (角川文庫―スニーカー文庫)

著者 :
  • 角川書店 (1988年3月1日発売)
4.00
  • (7)
  • (5)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 60
感想 : 8
3

軽快な語り口ながら読ませる、異世界ファンタジー。いきなり中世ヨーロッパ風異世界に召喚され、言葉も分からない中、元の世界へ戻るため騎士を目指す主人公カズマ。大切な仲間や守りたい女ができ、カズマは異世界に馴染んでいく。
なんちゃって異世界ではなく、中世らしき倫理観や風習が残っているのが良し。モデルは百年戦争時のフランスでしょう。理由もなくモテモテになるハーレム小説とは違い、カズマにはモテるだろうと思わせる理由がある。あとがきにある通り、男と男の子のための冒険小説だ。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: ライトノベル
感想投稿日 : 2012年2月19日
読了日 : 2012年2月19日
本棚登録日 : 2012年2月19日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする