とらドラ! 4 (電撃文庫 た 20-6)

3.73
  • (108)
  • (135)
  • (222)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 1474
レビュー : 50
著者 :
制作 : ヤス 
柏葉さん ライトノベル   読み終わった 

1~4巻まで読んでの感想です。

新潮社nex文庫の筆者の作品がとても面白かったので、代表作を手に取ってみた。実は1巻だけ既読。当時は面白いけどそこまで話題になるほどでは……なんて思ってたけど、いやいや、これ面白いよ。見た目フランス人形の美少女、中身は猛烈タイガーな逢坂大河と、見た目超絶ヤンキー中身は掃除大好き家事得意面倒見も良い高須竜児が、互いの親友が想い人であることを知り、同盟を組む話。見た目と中身のギャップにとらわれがちだが、ことの本質はそうじゃない。大河は身長や胸にコンプレックスを抱いているし、竜児は母子家庭で家事の一切を担っている。明るく爛漫に見えた実乃梨もなにやら陰を抱えているようだし、亜美に至っては露骨な外面とワガママお姫様っぷりが激しい内面の格差が酷い。誰もが何かしら心に一物抱えていて、隠すつもりなく隠しながら生きている。そこら辺の心理描写が上手い。時間をとって一気に読みたい。筆者のファンになりました。

レビュー投稿日
2015年9月6日
読了日
2014年10月11日
本棚登録日
2014年10月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『とらドラ! 4 (電撃文庫 た 20-6...』のレビューをもっとみる

『とらドラ! 4 (電撃文庫 た 20-6)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『とらドラ! 4 (電撃文庫 た 20-6)』に柏葉さんがつけたタグ

ツイートする