野上弥生子短篇集 (岩波文庫)

3.56
  • (1)
  • (7)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 58
レビュー : 6
著者 :
制作 : 加賀 乙彦 
ケイさん 文庫   読み終わった 

時代の関係で、戦争に関する部分が作中に幾度か登場する。文学が苦手な人には、少し作品として難しいものもあるかも知れません。もちろん作品としては十分に面白いものばかりです。「死」のラストでは人の死に関してある興味深い疑問が投げかけられていて、非常に考えさせられる部分も多い。また、「茶料理」では若者の幼い恋愛から、大人の恋愛へと見事な恋愛を描いていて、切ない作品になっています。

レビュー投稿日
2006年10月13日
読了日
-
本棚登録日
2006年10月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『野上弥生子短篇集 (岩波文庫)』のレビューをもっとみる

『野上弥生子短篇集 (岩波文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする