やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

3.93
  • (241)
  • (301)
  • (175)
  • (37)
  • (16)
本棚登録 : 3264
レビュー : 338
制作 : 神崎 朗子 
K.A.さん 自己啓発(やる気)   読み終わった 

成功するためには、才能ではなくGRIT(やり抜く力)が大切である、というのが本書の主旨である。

何かを成し遂げるためには努力が必要であるが、そのための能力をGRITと定義し、それは粘り強さと情熱に分解できるとする。

このGRITは遺伝の影響を受けながらも、後天的に伸ばすことが出来る。これは我々平凡な人間にとって朗報である。

伸ばすためにはどうすればいいのか?GRITに必要な要素は4つ:興味、練習、目的、希望である。何かを心から楽しむ興味ややっていることをの重要性を理解する目的は情熱を育み、何かをやり続ける練習や困難に立ち向かうための希望は粘り強さを強化する。後半はこれらをどう伸ばすかが説明されており、GRITを伸ばすことに特化しているが教育方法にも触れられている。

才能か努力か。そして努力する才能なのか。これは長年議論されてきていることだが、科学的なアプローチで努力が重要であり、そのための能力が伸ばせるということがわかったのは非常にありがたい。結局は何かを成し遂げるための簡単な道はないのだが、今歩んでいる道が間違いではないことがわかったのは大きな自信にもなる。

レビュー投稿日
2017年9月11日
読了日
2017年9月8日
本棚登録日
2017年9月11日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『やり抜く力 GRIT(グリット)――人生...』のレビューをもっとみる

『やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする