女生徒 (角川文庫)

4.16
  • (170)
  • (119)
  • (83)
  • (11)
  • (1)
本棚登録 : 1737
レビュー : 139
著者 :
制作 : くまおり 純 
けいたんさん  未設定  読み終わった 

一番面白かったのは『おさん』。浮気をしているであろう夫に対し、で〜んと構えた母ちゃんはかっこいい。それなのに夫ときたらまったく…これぞ太宰治。久しぶりの太宰もやっぱりだめんず。
一番心に残ったのは『女生徒』。思春期の女の子が思いついた事を次から次へと語り続ける物語。ドキッとさせられる言葉も多く人気があるのも頷ける。

「花の美しさを見つけたのは、人間だし、花を愛するのも人間だもの。」太宰らしい美しい文章だなと思う。ただ、『女生徒』を再読するのは凄く疲れる。

レビュー投稿日
2015年8月8日
読了日
2015年7月31日
本棚登録日
2015年7月31日
9
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『女生徒 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『女生徒 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする