からくりからくさ (新潮文庫)

3.72
  • (583)
  • (622)
  • (1033)
  • (79)
  • (17)
本棚登録 : 4944
レビュー : 522
著者 :
けいたんさん  未設定  読み終わった 

与希子と紀久、マーガレット、そして蓉子四人の物語。
メインは与希子と紀久かな、そこにマーガレットが少し絡んで、蓉子とりかさんがみんなを優しく包み込む。何があるというわけでもなく、しずかに淡々と優しく物語は進んでいく。
赤光という人形師が出てきて、それぞれが少しずつ赤光と繋がっていたことがわかる(マーガレット以外)。
最後りかさんが竜女になるところはすごかった。りかさんが竜女になるためにみんなが集まりみんなで紡いできたのかな。
与希子と紀久は「よきこときく(斧・琴・菊)」なのだろうな。

レビュー投稿日
2014年9月7日
読了日
2011年5月25日
本棚登録日
2014年9月2日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『からくりからくさ (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『からくりからくさ (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『からくりからくさ (新潮文庫)』にけいたんさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする