春になったら莓を摘みに (新潮文庫)

3.76
  • (331)
  • (327)
  • (518)
  • (43)
  • (7)
本棚登録 : 3018
レビュー : 323
著者 :
けいたんさん  未設定  読み終わった 

世界にはいろんな国があっていろんな人がいる。
すべての人を受け入れるウエスト夫人と彼女のそばでそれを見守るK。読者は彼女らと共にいろんな人を知り自分ならどうするか考える。みんな毒があってすごい。
「理解はできないが、受け容れる」
この言葉があれば世の中なんとか生きていけそうだ。

レビュー投稿日
2014年9月8日
読了日
2012年9月29日
本棚登録日
2014年9月2日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『春になったら莓を摘みに (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『春になったら莓を摘みに (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『春になったら莓を摘みに (新潮文庫)』にけいたんさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする