何者 (新潮文庫)

3.88
  • (584)
  • (885)
  • (550)
  • (110)
  • (23)
本棚登録 : 7061
レビュー : 851
著者 :
けいたんさん  未設定  読み終わった 

痛い、いたい、イタイ…。読みながらずっとキリキリヒリヒリ。読み終わった時やっと楽になれた。凄い作品だった。

膨大な量のEC、正解のない面接、駆け引きのグルディス、短い言葉で自分を表現し相手に伝える事は難しい。頑張っても頑張ってもかかってこない電話が彼らを追い詰め、自分が何者かどんどんわからなくなっていく。

自分が落ちてばかりの時友達の内定を心から祝福出来るだろうか。自分だけが内定を取った時どんな気持ちになるのだろうか。

私だって拓人や理香と同じ事考えてしまう。この作品が痛くて仕方がない。自分の嫌なところをグリグリえぐられて泣きたくなってしまう。私たちは弱い人間なのだ。

レビュー投稿日
2017年4月24日
読了日
2017年4月22日
本棚登録日
2017年4月22日
14
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『何者 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『何者 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする