自薦 THE どんでん返し (双葉文庫)

3.11
  • (4)
  • (32)
  • (100)
  • (19)
  • (2)
本棚登録 : 418
レビュー : 69
けいたんさん  未設定  読み終わった 

どの作品も個性たっぷりです。

「再生」は綾辻先生の好きそうなホラーだなってにんまりした。私が読んでもそんなに怖くないホラー。
有栖川さんの「書く機械」はどんな機械なんだろうと興味津々で読んだ。読み終わって、東野さんが使ってますと言えば信じてしまうかもとか失礼な事を考えた。すみません。
西澤さんの「アリバイ…」と貫井さんの「蝶番の問題」は推理小説らしい作品だった。読者に挑戦している感じ。受けて立つ!とかっこよく言えないけど。
法月さんの「カニバリズム小論」読んだ事あるなぁ、読んでいって少しずつ記憶が蘇るごとに気持ちが悪くなっていって最後はそうやったぁ……。
東川さんの「藤枝邸の…」東川作品の軽いノリが推理小説としてちょっとどうなんって思いつつ、いつもゲラゲラ笑ってしまう。鵜飼探偵恐るべし。

レビュー投稿日
2016年11月15日
読了日
2016年11月13日
本棚登録日
2016年11月13日
8
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『自薦 THE どんでん返し (双葉文庫)』のレビューをもっとみる

『自薦 THE どんでん返し (双葉文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする