かがみの孤城

4.36
  • (1299)
  • (804)
  • (296)
  • (31)
  • (19)
本棚登録 : 8614
レビュー : 1099
著者 :
けいたんさん  未設定  読み終わった 

ある事が原因で学校に行けなくなったこころ。それは行かないのではなく、行けないのだ。母親とは気まずくなり、人目が気になり外にも出られなくなる。こころの居場所はどんどんなくなっていった。
そんなある日部屋の鏡が光り、こころは中に吸い込まれていく。鏡の中には城があり、オオカミさまがこころを迎えてくれた。そこには、こころの他に6人の中学生がいた。共通点はみんな学校に行けていない事とそれと…。

それぞれ色々な事情があって辛い思いをしている子供たちがいる。「あなたを、助けたい」帯の言葉が胸に響く。

どうして鏡のお城ができたのかがわかった時涙が出た。全てが綺麗に繋がり読み終わった時には色んな想いが込み上げてきて胸がいっぱいに。
あの子たちはこれからを空想する。もちろん幸せな未来を空想をする。

悩んでいる人たちにも読んでもらいたい。我が子にはたくさんの選択肢があるということを伝えてほしい。自分が今どうしたいのか、それを聞いてあげる事が何より大事。選ぶ事は逃げではない。

こころのウジウジが私に似ていてわかる、わかる〜と何度も思った。親の立場としてはお母さんの気持ちもよくわかって苦しい時もあった。

レビュー投稿日
2017年6月11日
読了日
2017年6月10日
本棚登録日
2017年6月10日
33
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『かがみの孤城』のレビューをもっとみる

『かがみの孤城』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする