はい、泳げません (新潮文庫)

3.47
  • (15)
  • (24)
  • (43)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 267
レビュー : 48
著者 :
keizohさん スポーツ   読み終わった 

泳げない著者が、なぜ水が怖いのか?から始まり、紆余曲折をしながら、スイミングのコースに通い、泳げるようになるまでのエッセイ。

コーチが色々と考えて「こうしてみましょう」と指示を出すが、混乱してしまい途中で立ち止まってしまう。
自分も、著者が言うことろの「泳げる人」なので疑問に感じた事はなかったが、進行方向の話や、目線の話などは、なるほど確かにいきなりやってみましょうでは混乱するかも・・・と思った。

成毛真さんが、電車では読めないほど抱腹絶倒と書いていたが、自分は泳げない人が泳ぐ過程で湧き出る疑問をなるほど、こう考えているのか。と思って読んでいたので、笑い所をほぼすべてスルーしてしまったようだ。

レビュー投稿日
2013年5月27日
読了日
2013年7月19日
本棚登録日
2013年5月27日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『はい、泳げません (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『はい、泳げません (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする