ザ・チョイス―複雑さに惑わされるな!

3.55
  • (87)
  • (153)
  • (205)
  • (40)
  • (7)
本棚登録 : 1584
レビュー : 146
制作 : 岸良 裕司  岸良 裕司  三本木 亮 
keizohさん ビジネス   読み終わった 

TOCで有名な著者の実話的な本

TOCをはじめ、どうしてこんな革新的な事を思いつくのか?と言う世界中の人の疑問に
答える事を目的に、書いたのではないかと感じる。

よくwin-winの関係と言う言葉を聞くが、結局世間で使われる意味は、
自分のwinが前提となっているし、パイ(市場)を拡大する事をに主眼は置かれていない。
しかし、ここで書かれている事は、パイそのものを大きくする事に注目して
双方が勝者になるというよりも、相手の利益につながるソリューションを提案し
その結果パイを大きくして、自分たちも利益を得る事を考えると言う順番だ。
つまり、いかなる人にも調和が存在する考えを基に、win-winの構築を検討している。
そう考えると両者には結果に大きな差が出るだろうと思った。

またwin-winの構築を妨げる障害、特に3点目はなるほどと思った。
・現実は複雑だと考える事
・対立は当たり前で仕方がないと考える事
・人には他人を責める習性がある事(うまくいかない理由を相手のせいにする)

著者の言いたかったメッセージをまとめると、下記の5点になる。
・人はもともと善良である。
・全ての対立は解消できる。
・物事はそもそもシンプルである。
・どんな状況でも飛躍的に改善できる。
・全ての人は充実した人生を過ごす事が出来る。

印象に残った言葉
明確に思考する鍵は、循環ロジック、つまり議論がグルグル同じところをめぐる事を避ける事

レビュー投稿日
2012年9月4日
読了日
2012年9月4日
本棚登録日
2012年9月2日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ザ・チョイス―複雑さに惑わされるな!』のレビューをもっとみる

『ザ・チョイス―複雑さに惑わされるな!』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする