仕事が速くなる! PDCA手帳術 (アスカビジネス)

著者 :
  • 明日香出版社 (2017年11月16日発売)
3.19
  • (3)
  • (19)
  • (21)
  • (3)
  • (6)
本棚登録 : 256
感想 : 23
4

毎日残業漬けだった著者が、手帳の付け方を変えていくことで仕事の効率が劇的に向上し、業務時間内で仕事を終わらせる事ができるようになった。その手帳術を紹介している。

GDT理論をベースにしていて、無駄な仕事をしない仕組みやフローを使って仕事を振り分ける事などを紹介している。

やらなくてもいい仕事を、惰性でやってしまっていることが多いので、いったん立ち止まりやるべき仕事かどうかを考える事、やめてしまっても、必要な場合は再開すればいいだけと言う事を言っている。

GDTメソッド
・行動を起こす必要があるか
・次のアクションは複数あるか
・2分以内に来出るか(時間は個人の状況等を踏まえ調整可能)
・自分でやるべきか
・次にやる?

仕事を効率的に実施するためには
段取り8分、仕事2分
段取りの次に大事なこと「振り返り」

メモする時間がもったいない、無駄だと思うかもしれないが、メモをしなかったことが原因でもっと面倒くさい事が起こる可能性がある。と言う言葉は自分の過去を振り返っても激しく頷いてしまう。

最優先で取り組む仕事は「他人が関わる仕事」

明日の課題を書く

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: ビジネス
感想投稿日 : 2018年3月29日
読了日 : 2018年3月29日
本棚登録日 : 2018年3月29日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする