忘れられた巨人

3.61
  • (77)
  • (137)
  • (135)
  • (25)
  • (15)
本棚登録 : 1448
レビュー : 188
制作 : Kazuo Ishiguro  土屋 政雄 
けーこさん  未設定  読み終わった 

素直にさみしい、と思った。
もし私が誰かと生涯を、人生を分かち合えたとして、
老いて私が人生を終えたときに。
そのことで必要以上に悲しまずに、
また素晴らしいなにかを見つけて、誰かと出会って、
新しい幸せを見つけてほしい。
とは思うものの。
それが理想的だとは分かるものの。
でもさみしい。
それはさみしい。
さみしいけど、いつまでも縛り続けるのは愛でも優しさでもないから。
だからせめて、
いつか、別れの日が来ても、
それまで幸せだった、
あたたかい時間を分け合えた、
楽しみを喜びをあなたの中にある輝きを十分引き出せた、
と思えるような関係を作りたい。
思い出すだけで幸せな気分を思い出せるような、あたたかい存在になりたい。
と、忘れられた巨人を読んで思いました。

======================
と、読んだ当初(半年前?)は思っていたけど、しばらく経って印象は変わる。読み返していないのに、不思議。
夫婦って素敵と思う。マイプリンセス、だなんて。そんなふうに、思いやって、思いあって生きるのって、素敵。

レビュー投稿日
2016年4月10日
読了日
2015年5月28日
本棚登録日
2015年5月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『忘れられた巨人』のレビューをもっとみる

『忘れられた巨人』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする