タタール人の砂漠 (岩波文庫)

4.07
  • (70)
  • (76)
  • (44)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 713
レビュー : 76
制作 : 脇 功 
ken7ynwaさん 岩波   読み終わった 

ただただ敵の到来を夢見る辺境の砦の日々。

むなしく横たわる過ぎ去りし時を前に、
希望潰えてなお立ち上がろうとする人間の強さ。

ラストシーン、
“並みの運命の人間にも幸せを感じさせる夕べ”。
その美しさに自分の歩いてきた道、これからの道を想う。

レビュー投稿日
2014年10月30日
読了日
2014年10月30日
本棚登録日
2014年10月15日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『タタール人の砂漠 (岩波文庫)』のレビューをもっとみる

『タタール人の砂漠 (岩波文庫)』のレビューへのコメント

testさん (2018年10月12日)

強さと表現されたその感覚が素敵だと思いました。人生への絶望感と見るか、はたまた強さろ見るか。他のかたとは異なる解釈にはたと膝をうちました。「強さ」という解釈に、私にはなかった気付きがありました。とても嬉しいです。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする