日本政治のウラのウラ 証言・政界50年

  • 講談社 (2013年12月10日発売)
3.97
  • (10)
  • (9)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 98
感想 : 11
5

オリンピック関連で昨今話題の森元総理に田原総一朗が聞き手の形で話を引き出した一冊。正直物凄く面白かったというのと、森元総理に対して悪い印象は持たない。なんでも喋っていてそれこそ広報チェックは入ってるのかと心配するぐらいだけど、これまでの自民党政治がどういうものであったのか、マスコミを通じた印象とは違う血の通った部分や、最近あまり聞かなくなった金の話など。(聞かなくなってなかったわ。都知事それで辞めたんだったわ。)ここ半世紀の日本の政治の事情の一面がよくわかる内容だった。ビートたけしみたいな立ち位置だったら人気になったんだろうけど、政治家で首相経験者で今も公人ですから、もう少しつまらなくてもサービス精神を押さえた話の仕方をしなくちゃいけないだろ、と思いつつもこの本は面白かったです。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 社会
感想投稿日 : 2014年2月23日
読了日 : 2014年2月23日
本棚登録日 : 2014年2月23日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする