速読の科学―どこまで速く読めるか (ブルーバックス)

著者 :
  • 講談社 (1988年6月17日発売)
3.41
  • (3)
  • (4)
  • (14)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 95
感想 : 12
5

巷にあふれているあまりに非現実的な速読法とは違い、科学的な実験や理論を交えて語られているので、説得力があります。

速読と言っても、著者は「1分間で2500文字程度が限界」と言っている点で、1万文字とか3万文字とか言っている速読よりは逆に説得力があります。

文中にちょくちょく速読訓練のための材料が載っていますので、これをやってみながら読み進めると、この本の説得力がさらに増すように思います。

しばらくは、この本のことを意識して日々読書をしようかと思えるという点で、この本の評価は高いです。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: その他
感想投稿日 : 2007年3月22日
読了日 : 2007年3月22日
本棚登録日 : 2007年3月22日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする