ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~ (メディアワークス文庫)

3.78
  • (1822)
  • (3787)
  • (2823)
  • (390)
  • (53)
本棚登録 : 22080
レビュー : 3197
著者 :
けんのさん メディアワークス文庫   読み終わった 

ビブリア古書堂を営む本好きの栞子さんと本が読めない体質の五浦くんのお話。

一つの古書をキーとしたお話が4話。
同じように一つの本がキーとなる物語としては「文学少女」シリーズがあるが、あちらは本の内容について掘り下げて物語を展開するお話。
こちらは「古書」ということで、本の内容よりはその本そのものが巡ってきたいきさつから物語が展開する似て異なるお話。

文体としてくどくないうえに、各話に散らばっていた伏線をきっちり最後で回収しているので読後感がすっきりする一冊です。

レビュー投稿日
2012年12月16日
読了日
2012年12月16日
本棚登録日
2012年4月7日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇...』のレビューをもっとみる

『ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~ (メディアワークス文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~ (メディアワークス文庫)』にけんのさんがつけたタグ

ツイートする