俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11) (電撃文庫)

3.94
  • (91)
  • (118)
  • (80)
  • (11)
  • (2)
本棚登録 : 1039
レビュー : 92
著者 :
けんのさん 電撃文庫   読み終わった 

京介争奪の最終決戦前夜という感じの11巻。

ここに来て新キャラが登場。
過去話をする際に必要だったというのもあるが一番重要なのは京介に
「今、好きな人がいる」
と言わせたこと。

各ヒロインから全方位的に好意を向けられてて、結局最後まで誰も選ばないで終了というのは多々あるが、話としては全くしまらない。
「そういった結末はない」ということを示す京介のセリフに最終巻が否応なしに楽しみになってくる。

この巻で意外な麻奈実の一面を垣間見たりしつつも、一番順当なのはやはり麻奈実かなぁ。逆に順当すぎる気も。
次いで黒猫、あやせ・・・大穴気味で加奈子がいるが最終巻の展開次第で・・ってところなのでホントどうころぶかわかなんないね。

レビュー投稿日
2012年12月9日
読了日
2012年12月9日
本棚登録日
2012年9月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)...』のレビューをもっとみる

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11) (電撃文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11) (電撃文庫)』にけんのさんがつけたタグ

ツイートする