愚者のエンドロール 「古典部」シリーズ (角川文庫)

3.75
  • (10)
  • (32)
  • (19)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 249
レビュー : 15
著者 :
けんのさん その他文庫   読み終わった 

クールビューティな入須先輩登場。
脚本が途中までのミステリーを題材としたビデオ映画の謎解き(?)に古典部が挑戦するお話。
ミステリーが題材なだけあって[氷菓]よりはその色が濃いめ。

よくも悪くもホータローが自分の能力を意識し始めたが、結局は女帝入須の思惑通り…のはずがその女帝を手玉にとる(おそらく)ホータローのねーちゃん。つえー。

アニメでもあったエピソードではあるが人物の心理描写は小説の方がわかりやすいね。

レビュー投稿日
2012年11月15日
読了日
2012年11月13日
本棚登録日
2012年11月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『愚者のエンドロール 「古典部」シリーズ ...』のレビューをもっとみる

『愚者のエンドロール 「古典部」シリーズ (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『愚者のエンドロール 「古典部」シリーズ (角川文庫)』にけんのさんがつけたタグ

ツイートする