ふたりの距離の概算 「古典部」シリーズ (角川文庫)

3.78
  • (11)
  • (31)
  • (19)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 246
レビュー : 11
著者 :
けんのさん その他文庫   読み終わった 

タイトルから千反田と奉太郎のふいに近づいちゃってあたふたする甘酸っぱい青春物語を想像してたのだけれど・・・全然違ってたw

今回はホータロー達が進級し新たに一年生が仮入部するも、やはり辞めるという。
読んでる方も最後の最後までその原因が分からなかった。

いつもにもましてホータローの考察力がすさまじい。
「○○のときは△△だったろう」と何気なく話してるが、そんなシーンあったっけ?とさかのぼって読んでみると確かにあったり。

めずらしくすっきり終わらない感じも青春ドラマ(?)ぽい一冊でした。

レビュー投稿日
2012年12月8日
読了日
2012年12月7日
本棚登録日
2012年11月16日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ふたりの距離の概算 「古典部」シリーズ ...』のレビューをもっとみる

『ふたりの距離の概算 「古典部」シリーズ (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ふたりの距離の概算 「古典部」シリーズ (角川文庫)』にけんのさんがつけたタグ

ツイートする